Sitemap
Pinterestでシェア
新しい研究では、COVID-19で入院した人々に見られる認知障害を評価しています。ジェフJミッチェル/ゲッティイメージズ
  • 最近の研究では、入院を必要とする重度のCOVID-19と、発病後6〜10か月続く認知機能の障害との関連が示唆されています。
  • COVID-19生存者の認知障害は、50歳から70歳までの個人に通常発生する認知機能の低下と同様の大きさでした。
  • これらの持続的な認知障害の段階的な回復は、根本的なメカニズムを理解し、治療戦略を開発することの重要性を浮き彫りにします。
  • 軽度のCOVID-19の症例は、長引く認知症状を報告する可能性がありますが、研究の著者は、重症の症例では発生率が高く、33-76%入院後3〜6か月で認知症状が現れる。

JournaleClinical Medicineに掲載された最近の研究では、重度のCOVID-19は、10IQポイントの低下に相当する持続的な認知障害に関連している可能性があることが示唆されています。この研究では、重度のCOVID-19は、入院と救命救急を必要とするCOVID-19として定義されました。

これらの認知障害は、SARS-CoV-2感染に感染してから少なくとも6か月まで持続し、認知症状があれば徐々に改善しました。これらの結果は、重度のCOVID-19から回復した患者に対する長期的なサポートの重要性を強調しています。

この研究がデータを引き出したのと同じ年である2020年の公式データによると、18歳以上の成人の約10人に4人が米国で重症のCOVID-19を発症するリスクがあります。

持続的な認知症状

SARS-CoV-2感染症の患者のかなりの少数が、持続的な認知を経験しています症状COVID-19症状の発症後の最初の4週間後。一般的な認知症状には、集中力、「脳の霧」、記憶、実行機能の問題などがあります。

持続性の認知症状は軽度のCOVID-19の個人でも観察されますが、そのような認知機能の欠陥は重度のCOVID-19の個人でより一般的です。以前の研究は36%〜76%重症急性COVID-19の患者の割合は、発病後6か月で認知障害を示します。

ただし、重度のCOVID-19の後に影響を受ける認知機能の特定の側面と、これらの認知症状を予測する要因を理解するには、さらなる研究が必要です。

COVID-19患者の持続的な認知症状を特徴付ける以前の研究は、バイアスの影響を受けやすい自己報告に依存していました。他の研究では、認知機能を評価するためにペンと紙の神経心理学的テストを使用しています。

ただし、これらのテストは、認知機能の小さな変化を検出したり、SARS-CoV-2感染によって影響を受ける認知機能のさまざまなドメインや側面を区別したりする感度を備えていません。

これらの懸念に対処するために、本研究の著者は、コンピューター化された認知テストを使用して、重度の急性COVID-19の後に影響を受けた認知機能の特定のドメインを客観的に特徴付けました。これらのコンピューター化されたテストにより、研究者はこれらの認知障害の大きさを評価することもできました。

COVID-19の患者は、不安、うつ病、倦怠感、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの持続的なメンタルヘルス症状も経験します。これは、認知機能の障害の一因となる可能性があります。

本研究の別の目的は、これらのメンタルヘルス症状がCOVID-19患者の持続的な認知障害を媒介するかどうかを判断することでした。

認知障害の大きさ

本研究は、以前に重症COVID-19で入院し、英国ケンブリッジのアデンブルックズ病院で救命救急を受けた46人の患者を対象としました。元COVID-19患者は、病気の発症から平均6か月後、病院への再来院中に一連のコンピューター化された認知テストを完了しました。

認知テストの46人の参加者のパフォーマンスは、コントロールグループの460人の個人のパフォーマンスと比較されました。対照群の個人はCOVID-19で入院せず、年齢、性別、教育レベルを一致させました。研究者たちはまた、不安、うつ病、PTSDの症状を評価するために自己報告を使用しました。

研究者らは、COVID-19患者は、対応する対照よりも認知テストのスコアが低く、応答時間が遅いことを発見しました。COVID-19に感染した人は、処理速度、注意力、記憶力、推論、計画など、特定の認知領域でより顕著な欠陥を示しました。

特に、COVID-19生存者の認知機能の欠陥は、うつ病、不安神経症、PTSDなどの認知テスト時に存在したメンタルヘルス症状とは関連していませんでした。

代わりに、認知テストのパフォーマンスは急性疾患の重症度と相関していました。たとえば、認知障害は、機械的人工呼吸を必要とする個人でより顕著でした。

次に、研究者らは、COVID-19生存者のパフォーマンスを、一般集団の66,000人を超える個人と比較しました。

COVID-19生存者の認知機能障害の大きさは、50歳から70歳までの20年間に予想される加齢に伴う認知機能低下と同等でした。

この研究の筆頭著者であるケンブリッジ大学の麻酔科長であるDavidMenon教授は、次のように述べています。 COVID-19の認知的「指紋」–これらすべてとは異なっていました。」

博士オックスフォード大学の心臓専門医であるベティ・ラマンは、メディカル・ニュース・トゥデイに次のように述べています。認知障害の。」

「この認知の多次元特性は、重度のCOVID-19の回復期における認知障害の明確なパターンの微妙な理解を提供します。他の感染後症候群や重篤な病気との関連でこのパターンがどのように変化するかを理解するには、今後の努力が必要です。」

基礎となるメカニズム

この研究では、これらの認知障害はCOVID-19の発症後6〜10か月まで持続し、認知能力に徐々に改善が見られただけであることがわかりました。これらの認知障害の持続性は、これらの症状の根底にあるメカニズムを理解することの重要性を浮き彫りにします。

科学者たちは、SARS-CoV-2による脳への直接感染や脳への血液供給の中断など、COVID-19患者の持続的な認知症状を説明するための複数のメカニズムを提案しています。これらのメカニズムの中で、全身または全身炎症持続的な認知症状の原因となる主要な候補として浮上しています。

博士トロント大学の精神医学および薬理学の教授であるロジャー・マッキンタイアは、MNTに次のように語っています。次のステップは、生物学的メカニズムをより完全に解明し、予防と治療の戦略を特定することです。」

取り組む必要のある主要な質問について話し合う、博士。オックスフォード大学の精神医学の教授であるポール・ハリソンは、次のように述べています。

「この研究は、これらの赤字がかなりのものであり、急性疾患後6か月以上続く可能性があることを示しています。結果は説得力があり重要であり、さらなる疑問を提起します。たとえば、それほど深刻ではない感染症の後に何が起こりますか?赤字はどのくらい続きますか?何がそれらを引き起こし、そして批判的に、それらをどのように治療または予防することができますか?」

すべてのカテゴリ: ブログ