Sitemap
Pinterestで共有する
日本での研究では、高等教育と認知症のリスクの低下との間に関連性があることがわかりました。ヘレンコルテス/EyeEm/ゲッティイメージズ
  • 研究者たちは、日本の認知症と虚弱の割合が時間とともにどのように変化するかを調査しました。
  • 彼らは、学歴が認知症のリスクを予測する可能性があることを発見しました。
  • 研究者らは、公衆衛生政策は、人口の高齢化に備えるために、併存する認知症と虚弱における性別と教育格差に対処すべきであると結論付けました。

日本は世界で最も古い人口を持っています。2021年には、人口の約29.2%、約3,600万人が、65歳以上であり、推定350万人でした。認知症がある。 2012年には、300万人が虚弱であると推定されました。

2050年までに、16%2010年のわずか8%に対して、世界人口の65歳以上になるでしょう。人口が高齢化するにつれて、研究者は認知症と虚弱の対応する増加を期待しています。

人口の高齢化とともに病気の負担がどのように増加するかを予測することは、政策立案者が高齢者の医療を改善するのに役立つ可能性があります。

最近、研究者は、2043年までに日本で認知症、虚弱、平均余命がどのように変化するかを予測するためのマイクロシミュレーションを作成しました。

研究に関与していない、カリフォルニア州太平洋神経科学研究所の老年医学認知健康のディレクターであるスコット・カイザー医学博士は、今日の医療ニュースに次のように語った。

「シミュレーションは、認知症の劇的な増加が人口の高齢化の必然的な副産物である必要はないことを強調しました。」

「シミュレーションはまた、高齢化に備えるために対処しなければならない深い不平等を浮き彫りにしました」と彼は付け加えました。

研究はで公開されましたランセット

マイクロシミュレーション

この研究では、研究者は新しく開発されたマイクロシミュレーションモデルを使用して、2043年までに高齢者の虚弱と認知症の割合を予測しました。

彼らは、全国的な横断調査、死亡記録、および既存のコホート研究からモデルを構築しました。

彼らのデータには、年齢、性別、学歴、および以下を含む健康指標が含まれていました。

  • 心臓病、糖尿病、癌を含む11の慢性疾患の発生率
  • うつ病の発生率
  • 日常生活における機能
  • 自己申告による健康

研究者らは、平均余命は、女性では65歳以降、2016年の23.7歳から2043年には24.9歳に、男性では18.7歳から19.9歳に増加する可能性があると指摘しました。

同じ期間に、認知症に費やされる年数は、女性で4.7年から3.9年、男性で2.2年から1。4年に減少すると予想されます。

この変化は、モデルが軽度認知障害が現在よりも人生の後半に始まると予測したために説明されるかもしれないと彼らは言います。

しかし、彼らはまた、すべての教育グループで、虚弱率が女性では3。7年から4年に、男性では1。9年から2。1年に増加することを発見しました。

彼らはまた、年齢、性別、教育が虚弱と認知症の発生率に影響を与えることを発見しました。

彼らは、2043年までに、高校教育を受けていない75歳以上の女性の28.7%が虚弱と認知症の両方を患うため、複雑なケアが必要になることを発見しました。

一方、大学教育以上の75歳以上の女性の6.5%だけが虚弱であると予想されます。

認知症が少ない

日本で認知症の発生率が時間とともに低下する理由を理解するために、MNTは博士と話しました。橋本秀樹、DPH、東京大学保健社会行動学部教授、研究の共著者。

博士橋本氏は、認知症率の低下を全体的に説明するには、学歴の向上が重要な要因になる可能性があると述べた。彼は、2035年までに、男性の60%以上が大学を卒業するだろうと述べました。一方、2016年には、55〜64歳の男性の43%だけが大学教育を受けていました。

彼は、2013年に発表された経済協力開発機構(OECD)の成人スキル調査では、日本の高校卒業証書を持つ人々は、ヨーロッパや米国の大学卒業生よりも仕事に関連するスキルを持っていることがわかったと付け加えました。

博士したがって、橋本氏は、「独自の学歴の変化」が彼のモデルの結果に大きく貢献している可能性が高いと結論付けています。

認知症の予防

これらの結果が高齢化社会における認知症に関して他の国にどのように情報を与えることができるかを尋ねられたとき、博士。カイザーはMNTに、調査結果は生涯にわたって修正可能な危険因子に対処するための公衆衛生計画の取り組みを浮き彫りにしていると語った。

「専門家は、認知症の12の「修正可能な危険因子」(低教育、高血圧、聴覚障害、喫煙、中年期の肥満、うつ病、運動不足、糖尿病、社会的孤立、過度のアルコール摂取、頭部外傷、および大気汚染)」と彼は説明した。

「同様に、認知症を予防するための人口レベルの取り組みとともに、早期介入の早期発見に焦点を当てることで、影響を大幅に軽減し、健康な年を延ばすことができます。アルツハイマー病(または他のタイプの認知症)に関する最大の神話の1つは、「私たちにできることは何もない」というものです。 [しかし、]真実から遠く離れることはできません」と彼は言いました。

「指摘された広範囲の修正可能な危険因子、そして私たちの関係や孤独のレベルでさえ、認知症の症状の発症や重症度を遅らせる可能性のある早期の認知変化を持つ人々のマルチモーダル戦略の一部として取り組むことができます」と彼は付け加えました。

研究者らは、公衆衛生政策は、人口の高齢化に備えるために、併存する認知症と虚弱における性別と教育格差に対処すべきであると結論付けました。

研究の限界について尋ねられたとき、博士。橋本氏は、彼らのモデルでは、健康や老化に大きな影響を与える喫煙、運動、食生活などの行動上の危険因子を説明できないと述べた。

彼は、彼らの調査結果は、教育レベルが認知症の有病率に影響を与える理由と方法を説明できないと付け加えました。

博士カイザー氏は、このモデルでは、継続的なイノベーションの可能性と、将来の認知症を予防、治療、さらには治療するための取り組みを説明できないと付け加えました。

すべてのカテゴリ: ブログ