Sitemap
Pinterestで共有する
新しい研究は、異なるアジア系アメリカ人のサブグループ間で心血管疾患のリスクに大きな違いがあることを明らかにしています。サンティヌニェス/ゲッティイメージズ
  • アジア系アメリカ人は、非常に多様な人口をひとまとめにする「アジア人」という健康形態をチェックするためのボックスを1つだけ持っていることがよくあります。
  • 新しい研究では、その単一のチェックボックス内に隠されているアジア系アメリカ人の心臓の健康を詳しく調べています。
  • この研究では、見過ごされがちなアジア系アメリカ人の心臓の健康にかなりの多様性があることがわかりました。

アジア系アメリカ人は通常、健康調査と報告の目的で単に「アジア人」として分類されます。それは彼らの真の多様性を明らかにしない単純化です。

新しい大規模な後ろ向き研究では、一部のアジア系アメリカ人のサブグループが、虚血性心疾患、心不全、および脳血管疾患のリスクに特にさらされていることがわかりました。

米国疾病予防管理センター(CDC)で収集された2011年から2016年までの死亡率データの処理国民健康栄養調査、この研究は、すべてのアジア系アメリカ人の健康を単一の実体と見なすことの欠陥を明らかにしています。

最近分析同じデータの中で、非ヒスパニック系アジア人は非ヒスパニック系白人よりも理想的な心血管の健康を持っている可能性が高く、一部のアジアのサブグループに関連するより高い心血管リスクを完全に見逃していることがわかりました。

博士Pei Jai Michael Hoは、社説新しい研究と一緒にリリースされました。彼は今日メディカルニュースに語った:

「アジア系アメリカ人は、中国からインド亜大陸に至るまで、20か国以上にルーツをたどることができます。これらの起源には、移民ステータスを含む、信じられないほどユニークな文化、言語、歴史があります。したがって、これらの多様な個人が同じ医学的問題に直面したり、同様の医学的ニーズを抱えたりすることを期待することは困難です。」

「アジアの祖先を持つすべての人を単一の「アジア」グループにまとめることは、潜在的な医療格差を覆い隠し、私たちの医療システムがこの人口のユニークなサブグループのニーズを満たすことをより困難にします。」

–博士ペイジャイマイケルホー

アジア系アメリカ人は米国で最も急速に成長している人口統計グループであり、2019年までに2億人の1190万人から2240万人に増加し、88%増加しています。

新しい研究がジャーナルに掲載されました循環:心臓血管の質と結果

アジア系アメリカ人の心臓の健康を調べる

アジア系アメリカ人を単一のグループとして正確に評価することは、肥満、2型糖尿病、高血圧などの危険因子については困難ですが、新しい研究では、3つの心血管疾患カテゴリーからの死亡に焦点を当てました。

  • 虚血性心疾患—血液と酸素の不十分な流れによって引き起こされる心臓の筋肉の衰弱である虚血性心疾患は、心臓発作を引き起こす可能性があります。「冠状動脈」または「心臓病」とも呼ばれます。
  • 心不全—心筋が十分に強くポンプされない場合、血液が逆流し、肺に水分がたまる可能性があります。足や脚のむくみ、息切れの原因になります。
  • 脳血管障害—血管の狭窄による血流の制限は、血餅、血管の破裂、または閉塞を引き起こす可能性があります。これは、頸動脈、椎骨、および頭蓋内狭窄に加えて、脳卒中、動脈瘤、および血管奇形を引き起こす可能性があります。

3つの疾患カテゴリーから年齢標準化された死亡率を決定するために、研究者は618,004人のアジア系アメリカ人、30,267,178人の非ヒスパニック系白人アメリカ人、および2,292,257人のヒスパニック系アメリカ人のすべての原因による死亡を比較しました。

モノリシックグループではありません

調査の目的で、アジア系アメリカ人は、彼らまたはその家族が米国に移住した国によって特定されました。

虚血性心疾患による死亡は、データがカバーしている期間中、すべての女性で有意に減少しました。

また、非ヒスパニック系白人男性、ヒスパニック系男性、および中国人、フィリピン人、日本人、韓国人男性でも減少しました。しかし、アジア系インド人とベトナム人の男性の死亡は停滞したままでした。

虚血性心疾患による死亡者数が最も多かったのは、アジアのインド人女性と男性でした。

炉床の故障レベルは、中国人、韓国人、非ヒスパニック系白人女性、および中国人とベトナム人の男性では変化しませんでした。ただし、フィリピン人、アジア系インド人、日本人の女性と男性、および韓国人の男性では大幅に増加しました。

末期心不全の最大の増加は、アジア系インド人女性とアジア系インド人男性でした。

脳血管障害による死亡者数は、中国人、フィリピン人、日本人の女性と男性で減少し、アジア系インド人、韓国人、ベトナム人の女性と男性では停滞したままでした。それでも、ベトナムの女性と男性が脳血管障害者の最大数を占めました。

より細分性の始まり

博士ホー氏はMNTに対し、「急速に進化する米国の人口の民族構成を適切に捉えることができる人種的なサブグループはないことを認識することが重要です」と語った。

「個人が人種/民族グループの一部として自己識別した場合、彼らは祖先の起源だけでなく、複数の起源、そのグループに属していると個人を識別するものの独自の定義、および彼らの生活を指す場合がありますこのアイデンティティの経験」と彼は付け加えました。

「人種サブグループの分解は、この情報を収集するための出発点ですが、さらなる研究が必要です。」

「この研究は、複雑な主題の始まりに過ぎず、患者をよりよくケアする方法についての会話を開始する必要があります。」博士ホーは言った。

すべてのカテゴリ: ブログ